むひょーお


by end-and-end

月の昇る「小さな」王国

色々優先事項がありまして、映画を全然見てなーい日々でしたが、これだけでもなんとか。。というわけで「ムーンライズ・キングダム」を見てきました。




いやーやっぱりウェス・アンダーソン監督は天才ですわ。
前作の「ファンタスティックMr.FOX」も傑作でしたがこれもどうしてこうして良い出来です。この監督の作品はいつもちょっとずれてて抜けてる人物たちが、ちょっとずれてて抜けてる物語を紡いでいくのに最後は普遍的な「ほっこり」をいただける。なんかヘンテコなアレンジなのに普遍的にポップで美メロなバンド、スーパー・ファーリー・アニマルズを思い出す。
キャスティングも絶品で、特にブルース・ウィリスの使い方が完璧。この人がこんなにうまく使われたのはダイハードの初代くらいでは。
世界観が独特なので、駄目な人は駄目だろうけど、おいら的にはとにかくお勧め。
[PR]
by end-and-end | 2013-02-21 00:55 | 映画