むひょーお


by end-and-end

地震発生

おおおおーい地震だよ、今まで生きてきた中で最も体感震度がでかい。揺れている間感心してしまった。震度5くらいならそんなに驚かないもんですね。

で、映画のことは書きましたがCDも最近はたくさん買ってるのです。良かったやつ中心に少し紹介。

1.joy heihts 「country kill」
ロザリオスの中村達也、モーサムの百々さん、元レピッシュのtetsu、そして日本が世界に誇るギター番長大友良英が組んだ新バンド、基本ボーカルも少しはあるがインストバンドに近く、ニューウェイブやフリージャズの流れを汲んでいるような作り。リズム隊が生み出す強靭なビート、百々さんのエッジの効いたギター、そして大友良英が撒き散らすノイズ、かっこよすぎです。
 10点

2.pupa 「floating pupa」
こちらはYMOやサディスティックミカバンドの高橋幸宏が原田知世らと組んだ新バンド。エレクトロニカな音ながらメロディーラインも綺麗なこと綺麗なこと。今後の活動も楽しみ。  8点

3.folk enough 「rain dance」
福岡のジョンスペとも称される、福岡の3ピースバンドの新作。わけのわからんブレイクやらなんやらを駆使して格好を崩すところやら、英語の独特な歌い回しが緻密にして酔っぱらっているようなそんな感じ。はっきり言って今の日本でこんなにかっこいいロックを聞かせられるバンドは他にいません。こんな素晴らしいバンドがタワレコにすら置いていないとは。。  9点

4.パティ・スミス&ケヴィン・シールズ 「ザ・コーラル・シー」
ケヴィン・シールズが荘厳なフィードバックノイズを鳴らし、それをバックにパティ・スミスが亡き友におくる詩を朗読するというCDの2枚組み。歌詞カードも無いので、実際どんな意味の詩を朗読してるのか英語の分からない僕にはチンプンカンプンなんですが、それでも確実に心をつかまれる、そんなパティ・スミスの朗読、それを支えるケヴィン・シールズのフィードバックノイズ、そのあまりの緊張感の高さに息を呑む。表現という行為の持つ力強さ、真摯さを再確認させられる超傑作。  10点

他にもいいCDがたくさん買ってあるので機を見て書く予定。
[PR]
by end-and-end | 2008-07-24 01:49