むひょーお


by end-and-end

<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今日はブクオフで買い物です。予算500円の勝負。いやーいい買い物した、Shiinaの「大きなあなた小さなあたし」、名曲ですね。

見た映画「転々」も良かったし、まあまあな一日。
[PR]
by end-and-end | 2007-12-28 23:59

ナンバラバンバンッジー

あー仕事納めやっとだよ。明日から6日間の自由、アイワナビーフリーダム。

昨日服屋に行ったら店員の姉ちゃんが似てる誰かに似てる。何と昔好きだった人に似てる。うーんこんなこともあるんだな。明後日丈つめ終わったやつを取りに行くんだけど楽しみ楽しみだね。オモイデインマイヘッドだね。おもひでぽろぽろだね、全く違う人だって分かってるのにね、いかんいかん早くロマンティック止めないと。でも我慢してもやがて精子は夢精で出てくるんです、どうしようもないんです。

しかし12月はノロみたいになってゲロ吐きまくったり社長に怒られたり色々新しい体験だらけでした。研修に向かう車内でアニソンきいて同期と盛り上がってたのが凄かった。人は簡単には変わらないね、変わるにはピテカントロプスにでもならないと、さよなら人類また明日。
[PR]
by end-and-end | 2007-12-28 00:04

今年の音楽

ミュージックマガジンやスヌーザーで今年のベストアルバム発表されたのでおいらも今年買ったCDからベストを。まずは洋楽から

①スーパーファーリーアニマルズ 「ヘイ・ヴィーナス!」
②シザーシスターズ  「ときめきダンシング」
③エマ・ポロック  「ウォッチ・ザ・ファイヤーウォークス」
④ベイルート  「ザ・フライング・クラブ・カップ」
⑤ラブホリック  「ラブホリック」

①はもう別格。もはやウエールズのみならずイギリスの宝ともいえる最高なロックバンドの最新作。ジャケットを田名網敬一が手がけたことも話題になりました。

②は去年の作品なんですがまあいいや。ニューヨークの5人組バンド、うち3人はゲイ。というわけで80年代なディスコミュージック調の最高にハッピーでお馬鹿なポップワールド満載さすがゲイ。最高に踊れるロック。

③はグラスゴーの惜しくも解散した名バンド「ザ・デルガドス」の女性ボーカルの初ソロ。相変わらず美声。日本ではアートスクールのアルバムに参加したこともあります。

④弱冠21歳のひきこもりミュージシャンのセカンド。東欧ブラスの色濃いデビュー作品で「天才現る」と世界中で絶賛されましたが、今作も絶品。東欧ブラス音楽にはまった理由が僕と同じで映画「アンダーグラウンド」ということで親近感があります。

⑤も去年の作品だけど、今年最大の発見。韓国のバンドですが女性ボーカルの歌声の素晴らしいこと。音楽性も多様で北欧系のものから渋谷系みたいなものまでこなしてます。


洋楽はロックばっかりだ。続いて邦楽


①寺尾紗穂 「御身」
②くるり  「ワルツを踊れ」
③「遠くの空に消えたオリジナルサウンドトラック」
④仲山うり  「エトランゼ」
⑤オムニバスCD  「にほんのうた 第一集」


①は大貫妙子や矢野顕子の流れを汲むピアノ弾き語り。なんとシュガーベイブのベーシストの娘さんとのことで。ピアノはグルーヴィーだし歌は透明感溢れ絶品。ハンバートハンバートの人などゲストも多彩。

②はくるりは相変わらず凄い、ライブも良かったぜありがとうくるり。

③は映画はクズだが曲は良かった。こういう音楽をやりたいのです。

④は話題のアコーディオンを操る女性アーティストの最新作。どこか懐かしいメロディーに民俗音楽の匂いがする。絶品。

⑤はコーネリアスと三波春夫の「赤とんぼ」が世界レベルの名作で世界遺産認定。あと富田ラボの「やぎのゆうびんやさん」が凄すぎ。ほかにも大友良英とカヒミカリイなどみんな良かった。


邦楽はロックが少ない。だって日本のロック最近似たようなのばっかりで。なら今まで聞いてきたミュージシャンのだけでいいやって感じ。正直新人の聞こうとか思わない今の日本のロック界。
[PR]
by end-and-end | 2007-12-25 01:31

奇跡

この前駅前のブックオフで奇跡に遭遇、探していた映画がやっと見つかりました。心臓止まるのかというくらいびっくり。

ジャン・リュック・ゴダールの映画「はなればなれに」、原題は「BANDE A PART」、タランティーノが偏愛しすぎて自分の映画会社の名前をこの原題から「A Band apart」に、さらにこの映画会社から名前をいただいたのが日本のバンド「band apart」というわけで、日本にも大変馴染み深い映画なのです。

で、見たけどこりゃいい作品。はじめてゴダール映画にはまれた気がします。手をつないでルーブル美術館を走りぬけるシーンとか、喋ることが無いから一分間沈黙するシーン、そしてミシシッピダンスを踊るシーン、良いシーンだらけで腹いっぱい。満足。
[PR]
by end-and-end | 2007-12-25 00:50

アントワープの衝撃

過去最悪な体調の崩しっぷり。吐きまくりプラス下痢プラス高熱。医者に行ったら待ち時間に動悸が激しくなって手足が痺れて動かない。そんな僕を目にしながら受付の女の人(某サークル員そっくり)は笑って電話してる。僕はここでは異邦人なんだ。結果は限りなくノロウイルスに近い病気でした。他人事のように点滴をうけて他人事のように薬を渡される。まあ他人事だよな。

てなわけで大変苦しみました。熱下がって仕事に復帰してもフラフラするし。今もフラフラフラガール(僕は男だよ)。ふざけた文体ですがまじでやばい。食欲が全くわかない食べたくない。でも食べないと回復しないので無理矢理食べる。欲望が一つ抜け落ちるだけでこんなに辛いとは。

ますます痩せたことだけが良かったこと。本当のダイエットってこんな感じなんだろうな、なるほどダイエットって命がけなんだね。ガリガリトップモデルは凄いことやってるんだと思いました。

今回ほど看病してくれる奥さん(可愛い痩せた方希望)が欲しいと思ったことは無い。でも辛い時だけそう思うのは人間として終わってるね。本当は喜びも悲しみも幾年月っていう形じゃないと駄目なんだろうさ。どちらかが抜け落ちてる形が多すぎる。もう種は届かない、卵は決して受け入れない。今の世の中はみんな異邦人なんだ。


本日の名言:「手が冷たい人は、心が暖かい人ともっぱらの噂だ」 
                       (森見登美彦 「夜は短し歩けよ乙女」より)

いいなと思った言葉を最後に書くことにしました。今日はこの言葉。冷え性のやつ以外は心の冷たい人かと言われるとそれは違うだろうけど、体調崩してる時ってこういう気分だよね。熱を持ったおでこには冷たいものが気持ちいいから。
[PR]
by end-and-end | 2007-12-08 21:08

ハラたった

今日は上司に腹が立った、悪口かいてやろうと思ったけれどそこまで暇じゃないのでやめ。
[PR]
by end-and-end | 2007-12-03 01:47

近況

先日はクリコン鑑賞、及び飲み会に参加させていただきました。ありがとうございます。素直に(僕が素直なのは年に数回しかありませんよ)楽しかったです。でも僕のこと知らない一年生にはなんか申し訳なかったかも。かっしーさんのおかげで家帰ってすぐ「さよなら人類」聞きまくりました。

仕事は相変わらずですが、僕に色々教えてくださる先輩(知的でイケメンで仕事も出来る偉人、既婚者子持ち)のおかげでしがみついてます。やっぱりこういうものです。

しかしこの2ヶ月で親戚が二人(姉、従姉妹)が結婚とめでたい、めでたいけどなぜめでたいことは僕を主人公にしてくれないものやら。

まあマイペースで、僕の人生をこれからも真剣になめてかかって鑑賞させてもらいましょう。
[PR]
by end-and-end | 2007-12-02 00:40